• SERVICES
    営業品目
Large-Scale Repair and Improvement
大規模修繕・改修
▼ 大規模修繕・改修のポイント ▼ 品質管理について ▼ 工事の流れ
調査・診断から施工、アフターサービスまでトータルな技術で安全・安心を実現する当社におまかせください。
「環境」に対する社会の意識が強まっている今、建物にも安全・安心や快適性を保ちながら、価値を長く維持していくことが求められています。当社は、50年以上にわたって培ってきた高い技術と経験をもとに、ビルやマンションなどの建物の価値を高め、長寿命化を実現する大規模修繕・改修工事を施工いたします。大規模修繕・改修をお考えの皆様、ぜひ当社にお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • summary of construction
    大規模修繕・改修のポイント
    POINT
    |大規模修繕工事の目標と意義
    皆様が所有されている建物の快適な環境を維持するためには、定期的な改修工事を実施し、維持保全を心がけることが重要であることはいうまでもありません。長い目で考えれば大規模修繕工事は、「元の状態に戻す」だけでなく、「建物価値創出」の絶好の機会ともいえます。ビルやマンション維持管理におけるバリューアップとは「さまざまな条件面等で他のビルやマンションと比較し、費用対効果を考慮のうえ、居住者に対する満足と資産価値の保全管理のため、必要最小限の設備投資を行うこと」ということができます。そこから生まれる価値は、良好なストック建築として次世代へ継承していく重要な財産となります。
    POINT
    |補修と改修の意味/事後保全から予防保全への変化
    補修とは部分的に劣化した部位等の性能または機能を実用上支障のない状態まで回復させることをいい、改修とは劣化した建築物等の性能を初期の水準以上に改善することをいいます。従来の保全は、漏水や仕上げ材の剥落が発生し、建築物に実用上の支障が発生してから行う事後保全が多かったが、最近では計画的に点検・検査・取替え等を実施し、故障を起こさない予防保全へ変化しています。
    *上図:維持保全の概念/写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
    左図:維持保全の概念/写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
    POINT
    |適切な調査・診断が建物の価値を高めるポイントに
    建物の価値を維持し、できるだけ長く安全・快適に使用するには、日常的な維持保全や定期調査・点検を行うことが必要です。満足のいく改修工事を実現するためにも、建物の調査・診断を適切に行うことが重要なポイントとなります。建物の劣化や構造耐力度の低下を放置したままでは、結果的に改修コストも高くなってしまいます。当社は、建物に関わるそれぞれのご要望に、プロとして親身にお応えいたします。
    *下図:特定建築物の調査報告周期
    *定期報告すべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金/建築基準法第101条第1項第2号)となります。
    *右図:特定建築物の調査報告周期
    *定期報告すべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金/建築基準法第101条第1項第2号)となります。
    特定の建築物には建築基準法により定期的な調査報告が義務付けられています
    学校または体育館/病院、診療所、児童福祉施設等/劇場、映画館、演芸場、観覧場(屋外除く)、公会堂または集会場/展示場/旅館またはホテル/下宿、共同住宅または寄宿舎/ボウリング場、スキー場、スケート場、水泳場またはスポーツの練習場、博物館、美術館、図書館/事務所その他これに類するもの
    報告周期
    3年
    キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、競技場、公衆浴場、待合、料理店または飲食店など/百貨店、店舗(物品販売)/地下街
    報告周期
    1年
    POINT
    |トラブルを避けるために信頼できる業者の選定を
    改修工事を行う際は、業者選定の判断が何よりも大切です。新築よりも難しい技術が求められる改修工事では、豊富な工事実績を持ち、信頼できる業者をお選びいただくことが、後々の追加工事や事故、トラブルを防ぐことにつながります。次のような業者には注意が必要でしょう。
    |調査・診断の技術がなく、正しい診断報告書に基づいた改修計画を提出できない
    |単に安価な工事費を提出する
    |見かけだけを繕う対症療法的な改修工事を行う
  • Quality management
    品質管理について
    ISO9001「品質」、ISO14001「環境」、ISO450001「労働安全衛生」の3つの国際規格を認証登録。
    建物の価値を再び向上させる改修工事には、厳密で的確な調査・診断が欠かせません。当社は、確かな技術で建物の調査・診断を行った上で、改修設計、改修工事、さらに工事保証や定期点検などのアフターサービスまでトータルに対応できる体制を整えています。当社は、道内で先がけてISO9001「品質」、ISO14001「環境」、ISO450001「労働安全衛生」の3つの国際規格を認証登録し、すべての段階で「品質管理」を重視するとともに、「環境への配慮」「安全確保」をモットーに施工いたします。
    ISO9001:2015認証登録
    ISO14001:2015認証登録
    ISO45001:2018認証登録
  • 工事の流れ
    調査・診断
    建物の劣化状況や不具合のある箇所の調査を行った上で、修繕・改修の必要性を総合的に判断します。
    改修設計
    的確な調査・診断に基づいて最適な工法を選択し改修プランを検討。より効果的・経済的な改修設計を作成しご提案いたします。
    修繕・改修工事
    安全・高品質・コミュニケーションをモットーに工事を進めます。
    工事保証・点検
    各工事別に保証周期を定め、万が一の場合には速やかに修理・交換を行うほか、定期点検を実施してまいります。
FUKUTAKA INDUSTRIES CO.,LTD.
0120-00-4415
0120-00-4415
業務に関するお問合せはお気軽に
本社|〒062-0032 札幌市豊平区西岡2条1丁目1-46
TEL.011-856-4622 / FAX.011-856-0130
旭川支店|〒078-8232 旭川市豊岡2条1丁目7-10
TEL.0166-35-0080 / FAX.0166-35-0090
COPYRIGHT© FUKUTAKA INDUSTRIES CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ページトップへ