• SERVICES
    営業品目
Outer wall
外壁工事
▼ モルタル工法 ▼ タイル工法 ▼ バリューアップ外壁改修工法
モルタル、タイルそれぞれに最適な工法で外壁のはく落を防止し、耐久性・安全性を高めます。
モルタル、タイル仕上げそれぞれの状態などを調査・確認した上で、最適な工法をご提案し、はく落などを防止して耐久性を向上させる外壁改修工事を確実に施工します。適切な改修によって事故などを未然に防ぐことができ、確かな安全・安心につながります。詳しくは、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • Mortar methods
    モルタル工法
    METHOD
    |ピンネット工法
    ガードピンとガラス繊維製ネットで耐久性を向上
    外壁のモルタル層に生じたひび割れや浮きなどを改修するための工法です。全壁面の1平方m当たり4箇所20cm径程度にモルタルを露出させ、T型ガードピンをピンニングした後、全面に特殊モルタルを塗り付けてガラス繊維製ネットを伏せ込み、旧モルタル層を板状化してはく落防止、ひび割れの抑制を図ります。
    特 徴
    浮き部への注入をしないため予算立てが簡便で、経済的。作業性、環境対策などにも優れています。
    モルタル層の補強効果があり、下地調整層も得られます。
    補修面を平坦に仕上げることができ、補修の痕跡が見えません。断面変化がほとんど生じないため微妙な納まりも可能です。
    METHOD
    |ネット貼り工法
    外壁の補強と耐久性を向上させ、安全性、経済性も確保
    RC造塗装仕上げ建築物の劣化した既存躯体を補修・強化して耐久性を高めるとともに、新たな仕上げ材の施工に必要な平滑な下地調整層を形成する工法です。既存塗膜を局部的に除去して呼吸性も確保します。
    特 徴
    作業環境や近隣環境に配慮した無公害の湿式材料を使用。
    各種下地、既存の仕上げ材との接着密度が極めて高く、下地のひび割れ補修などの痕跡も残しません。
    現状の微妙な納まりも維持可能な塗り厚の薄い下地調整層。
  • Tile methods
    タイル工法
    METHOD
    |タイルガード
    ピンを使用して下地にタイルを定着
    タイルのはく落防止のために、1枚ごとのタイル小口のどこかに二股状になったピン(タイルガード)によって下地に定着を図れるように施工します。工期が短く、コストを削減することができます。
    METHOD
    |エバーガード
    アンカーピン及び補強布とポリマーセメントによる剥落防止のための外壁複合改修工法です
    特殊専用アンカーにてタイル・張付けモルタル層を躯体に固定し、塗膜強度が高く耐久性に優れた、透明度の高い特殊1成分形ウレタン樹脂にてタイル面を被膜する事で、意匠性を保持し剥落を防止する工法です。
    METHOD
    |FST工法
    一層浮きから四層浮きまで樹脂注入が可能
    石、タイル、モルタル浮きの確実な施工を推進するのが「FST工法」です。穿孔後、すべての層に樹脂を注入することができる「FSノズル」を使用するため、一層浮きから四層浮きなどの多層空隙に対応が可能です。最終工程のラージネックピンによる仕上げで、外壁改修補強工事の安全な施工が完成します。
  • SPECIAL METHOD
    |バリューアップ外壁改修工法
    単なる現状復旧に留まらない新たな付加価値を提供し将来の維持管理費を軽減するバリューアップ外壁改修工法
    工 法
    (乾式工法)金属スパンドレル工法
    (乾式工法)乾式タイル工法
    (湿式工法)天然石調・木目調シート建材工法
    壁面デザインは新たなステージへ。高機能・高意匠シート建材がこれまでの常識を変える
    天然石調・木目調シート建材
    薄型・軽量・柔軟性を持たせた超低汚染・超耐候性特殊成型型シート材
    天然素材の魅力を思いのままにデザインします
    御影石の重厚なイメージを表現
    天然木目板の持つ温もりを演出
    特殊製法により優れた性能を実現
    下地との密着性に優れ、下地から剥がれる心配がありません
    軽量設計ですので、躯体に負担がかからず、メンテナンス性に優れている
    超低汚染・超耐候性
    トップコートに超低汚染型ふっ素樹脂クリヤーを、また主材にはアクリルシリコン樹脂を採用していますので、汚れにくく、高い耐候性を発揮します
    均一な仕上げと高品質設計
    厳正に品質管理された工場で製造されているため、均一なテクスチャーと安定した品質を提供できます
    複雑な面構成も思いのままにデザイン
    カッターナイフなどで簡単に裁断加工でき、複雑な面構成も簡単に処理できるため、作業効率と工期の短縮に役立ちます
    曲面下地へも柔軟に対応
    特殊製法により微弾性があり、円柱などへの曲面貼りが可能です
    ひび割れ追従性
    下塗材には微弾性タイプを用いるため下地の微細なひび割れへの追従性があり、外壁の防水性能を高めることができます
    豊富な形状バリエーション
    御影石調、たたき石調、ケンチ石調、砂岩調、木目調の形状バリエーションが、デザインの巾を広げます
    シートの表目形状は本物の天然石、天然木から型取りしており、高級感の高い仕上げとなります
    建物イメージの一新
    従来のタイル貼替え工法は、工事後も元のイメージは変わりませんが、この工法は建物イメージを一新することができます
    今後のメンテナンス費用の軽減
    既存のタイルを剥がす必要はなく、浮きタイル等は撤去し、既存タイルの上に均一な左官による下地を設けて新規のシート材を貼ります
    前面改修により、将来のタイル落下調査も不要となり、当分の間メンテナンスが不要となり、建物の一生にかかる費用(ライフサイクルコストLCC)の削減につながります
    バリューアップ工法
    既存建物のイメージを一新できるとともに、将来のメンテナンス費用を軽減できる「付加価値」を有する改修工法といえます
FUKUTAKA INDUSTRIES CO.,LTD.
0120-00-4415
0120-00-4415
業務に関するお問合せはお気軽に
本社|〒062-0032 札幌市豊平区西岡2条1丁目1-46
TEL.011-856-4622 / FAX.011-856-0130
旭川支店|〒078-8232 旭川市豊岡2条1丁目7-10
TEL.0166-35-0080 / FAX.0166-35-0090
COPYRIGHT© FUKUTAKA INDUSTRIES CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ページトップへ